難しい英語や論文でも翻訳会社を通すと読んでいてすぐに理解できる

翻訳を依頼する費用

翻訳会社に関する費用の傾向を探る

 現在の日本の生活の中には、英語を重視する傾向が見られます。学校教育についても、英語や英会話に関する授業を小学校でも取り入れる様になっており、正にグローバル化社会を体現している状況となっています。 海外との取引なども増えており、それに伴う翻訳作業が必要になる場合も多くなっています。その様な場面では、翻訳会社を利用する事もあります。 翻訳会社を利用した場合の費用の傾向としては、請負翻訳会社にもよりますが、大体の目安として、A4用紙1枚あたりの原稿で換算している事が多い様ですが、英語の場合には、1ワードを基準として計算される事もあります。加えて、それぞれの内容が属する分野によっても1枚あたりの単価が変化します。コンピュータなどのマニュアル翻訳から特許などの項目別に見て、大体ですが、和訳で1枚あたり3,500円位から9,000円位になります。

翻訳を専門的に

 翻訳会社の変遷としては、専門的な作業を行う会社として増えていったのは、戦後に入ってからの事になります。それ以前にも各一般企業毎の海外との交易などは行われていましたが、翻訳を専門的な作業として実施する会社が存在し、そこに依頼する様になるケースが増えたのは近代に入ってからの事です。戦争で交易がストップした英語圏に関しても、戦後は交易が再開される様になり、その必要性も高くなっていった経緯を辿っています。 1980年代には、パソコンが普及し始めていますので、このあたりから必要性も高くなり、企業の成長、日本の海外での活躍場面が増えていくに伴い、翻訳会社の数も増えていきました。現在では、取り扱われる言語についても、数百言語を超えている状況ともなっています。